デザインのコツを知って必要な情報やセンスを練り込む

覚えておきたい名刺印刷のデザインのコツ

自己紹介ツールとして普段何気なく使っている名刺ですが、渡した相手にはしっかりと印象に残るようにしたいものです。そこで知っておきたいのが、名刺印刷の際のデザインについてです。手軽に利用できる通販型印刷サービスでは、名刺のデザインテンプレートを用意していることが多いものです。自分でゼロから作るよりも手間がかかりませんし、なかなかセンスの良いものもあります。
ただし同じテンプレートを使っても、その後の作業でいかに文字のレイアウトなどを編集するかによって、名刺の印象は大きく変わります。会社名や自分の名前をあまりに大きく強調し過ぎても、かえって見にくいものです。
またメールアドレスやSNSなどの連絡先を詰め込んで記載するケースもありますが、これも良くありません。特に自営業の人は、あらゆる連絡先を記載してどこからでも連絡を受けられるようにしようと考えがちです。けれども名刺のデザインで重要なことは、適度な余白を作ることです。その余白があるからこそ、記載した情報が引き立つようになるわけです。
また紙面のどの部分に余白を作るかも考える必要があります。上下左右にバランス良くするよりも、どこかに比重を置くようにすると見やすくなります。

センスのいい名刺印刷をするには

ビジネスの場面とは別のプライベートな時間で使用する名刺はセンスのいいものを持っておきたいと思っている人は案外少なくはないのでしょうか。ビジネスの場面で使用する名刺はどちらかというと画一的で個性の感じられないものが多いからです。たしかにビジネスの場面で使用する名刺があまりにも派手であったり、奇抜なデザインであった場合には名刺交換をした相手側にあまりいい印象を与えることができず、名刺交換をしたことがマイナスポイントとなってしまうこともあります。
しかし、異業種交流会や婚活パーティーなどのプライベートな時間で交換する名刺についてはいくら名刺の色彩が派手であったり、奇抜なデザインであったとしても特に大きな問題ではありません。かえってそのような名刺の方がセンスを感じられ、名刺交換をした相手に自分を強く印象付けることができるかもしれません。
ただし、センスのある名刺印刷というものは思っているほど簡単ではなく、名刺の色彩の選び方やデザインのチョイスを誤ってしまうとかえってひどくセンスの悪い仕上がりとなってしまうこともあるので注意が必要です。もしも、自分にそのようなセンスがない、あるいは自信がないというときには迷わずに名刺印刷専門の業者に相談をしてみるようにしましょう。